知らない人は損している!【還元率3%】楽天カード+Kyashでお得に買い物。無理せず節約する方法

楽天カード+Kyashでお得に買い物。無理せず節約する方法

どーも、投資や節約とお金が大好きなたまてつ(@tamate789)です。

皆さんは、楽天カード使っていますか?

光熱費、スマホ代、保険支払いなどクレジット決済できるものは常に1%ポイントキャッシュバックってお得でよね。

読者さん
何だかんだ毎月1000ポイントとか付いたりするよね。

この楽天カードと組み合わせることで、還元率3%以上にすることができるKyashというものがあります。

そして更に、楽天Payを組み合わせると3.5%還元にできちゃいます!!

今回は、そんなめちゃくちゃお得なKyashを紹介します!収入を増やすのもいいけど、無理せず支出を減らしていけば、自然と貯金できる体質になっていけますよー

Kyashとは?

kyashとは?

Kyashは、もともと個人間で現金を使わず、少額送金を可能にするアプリでした。飲み会の割り勘、友達との旅行代金の支払いを現金なしでやり取りするときにスムーズにやり取りできます。

リアルカードへ入金

送金方法は、アプリの中に存在するバーチャルカードに現金チャージして、相手を指定して送金します。

このサービスにおいて最近、リアルカード(Kyash VISAカード)が発行されました!!

これによりKyashにチャージした現金をリアルカードで使えるように変わりました。そして、Visaカード取扱い店舗ならどこでも利用可能です。

Sponsored Links

還元率が驚異の3%!!

リアルカード発行に際して、決済した金額の2%キャッシュバックが実施されています。

これだけでもかなりの還元額ですが、Kyashへのチャージを楽天カードなどのポイント付与されるカード行うと、さらに+1%で、合計3%還元とすることができます。

還元率が驚異の3%!!

普通に買い物する際に、Kyash VISAカードで決済するだけで、2%が付与!T-ポイントカードだと0.5%なので、実に4

プラスで、Kyashへの現金チャージに楽天カードを用いることで、楽天ポイントが1%付きます。

楽天カードに限らず、ポイント還元率の高いクレジットカードでチャージすることで、還元率を3%以上にすることができます。

現金チャージする際に、オススメカードは以下です。

チャージにオススメのカード

上記のいずれのカードも持っていない方は、今後のために一つは持っておくことをオススメします。私も楽天カードには、めちゃくちゃお世話になっていて、累計獲得ポイントも10を超えました。

Sponsored Links

Kyashのキャッシュバック

3%還元されるのはわかったけど、使いずらかったり、有効期限が短かったりすると悲しいですよね。その点、Kyashは優秀です。

Kyashキャッシュバック
  • Kyashアプリの残高に付与(支払い毎に計算)
  • 翌月末にキャシュバック
  • 1円単位で使用可能

引用:Kyash|キャッシュバックについて

Kyashの2%還元(キャッシュバック)は、Kyashアプリの残高に反映されます。支払い毎に計算されて、199円なら3円、200円なら4円となります。

支払い結果は、すぐにスマホで確認できるのがいいですね。

支払い結果の確認

家計簿アプリなどに入力しなくても月の総支払額がわかるので、簡単な家計簿代わりになるのが便利です。家計簿アプリにいちいち入力するのが面倒な方にもオススメです。

キャッシュバックは、利用した翌月末にキャッシュバックされます。例として、1/1〜1/31までの対象分は、2/25〜末日までに付与されます。通知は、Kyashアプリと登録メールアドレスに来るので見逃す心配はないです。

Kyashを使える店舗

VISA加盟店であれば、基本的に使えますが、これってどうなの?と気になる店舗を載せておきますね。

ご利用加盟店 対象/対象外
楽天Pay 対象
PayPal 対象
Amazon 対象
Amazonギフト券 対象
モスカード 対象
スターバックス カード 対象
ドトールバリューカード 対象
Yahoo!ウォレット 対象
Origami Pay 対象
PayPay 対象

キャッシュレス系のチャージに使えたり、ギフト券の購入にも使えちゃうのはちょっとグレーな感じがしますが、公式サイトのQ&Aに載っていたので、使えます!

楽天Payのチャージに紐付けることで還元率がさらに+0.5%となり、合計で3.5%まで還元率を上げることができます!!

楽天Payは使える店舗があまりないですが、オススメはローソン、ファミマ、ミニストップですかね。

Kyash使用の注意点

読者さん
大体、特徴はわかったけど、注意点も教えて欲しい!

対象外の取引

VISAカードが使える支払いならば、基本的には決済可能ですが、一部対象外となる取引があるので注意して下さい。

  • 光熱費や生命保険料など、毎月の継続的な支払い
  • ふるさと納税のお支払い、年金のお支払い
  • 商品券などの現金同様のものの購入

引用:Kyash|キャッシュバックについて

継続的に支払うものでも、Hulu、ネット回線の支払いはOKだったという人がいたので、試して見る価値はありますが、急に支払いが止まってしまう可能性もありますので、自己責任でお願いします。

購入限度額

お得な還元率のため、リアルカードには限度額があります!

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで

上限があるため、高額商品の購入は別のクレジットカードで決済するなど計画的に利用した方がよいですね。

読者さん
カード自体の有効期限もあるんですか?

「有効期限は、5で、有効期限内の利用限度額は100万円」となります!

ん、ということは、1年で20万円が限度!?と思って調べてたら、以下の記述がありました。

有効期限内での利用が100万円を超える際には、Kyash Visaカードを更新することで継続してご利用可能でございます。
上限が近くなったお客さまには弊社よりご案内を差し上げます。

※Kyash残高は更新の際にも引き継がれます。
※Kyash残高の有効期限は無期限です。

引用:Kyash|キャッシュバックについて

100万円を超える場合は、カードを更新してもらえるんですね。ということは、月上限12万円✕12ヶ月=144万円までは、使えることになりますね。

現金の出金

現金の出金はできません!

ここは注意点ですね。基本的に入金のみで、個人間の送金、またはクレジットカードとしての用途に限られます。有効期限がない商品券を買ったような感じですね。

ただ、使いみちは多いのでそこまで問題にはならないはずです。

Kyashリアルカードの使い方

使い始めるまでの手順は以下の通りになります!申込み無料で年会費などはないです。

  1. Kyashアプリをスマホにダウンロード
  2. こちらのリンクの「今すぐ申し込む」ボタンより、リアルカードを申し込む
  3. リアルカードが届いたら、アプリでリアルカードを有効化(手順はこちら)
  4. チャージするクレジットカード(例えば、楽天カード)を紐付ける(手順はこちら)

 

リアルカードの申し込みは、人気なので、1ヶ月以上かかったりします。早めに申し込みを済ませておいた方が良いですね。

そして、有り難いことにクレジットカードのチャージの場合は、オートチャージになっていて、紐付けるだけですぐに使い始める事ができます。

支払う際に支払う金額分だけが自動入金されて、決済する仕組みになっており、不足金があっても決済可能なので焦って入金する必要はありません。

入金管理したい方は、事前にチャージしておいてもよいですね。

Kyashリアルカードが届くまでは、バーチャルカードも使ってみる

読者さん
カードが全然届かないんですが。。

かなり使い勝手が良いカードなので、1ヶ月半以上かかる場合もあるようです。先日、友人にも全然届かないと言われました。。

Twitter上でも届かないので、問い合わせしている人もいるみたいです。

リアルカードが届くまで待てない方は、Kyashアプリをインストールするとすぐに使える「Kayshバーチャルカード」を利用すると少し心が癒やされるかもしれません。

こちらは、Amazonなどのネット通販にのみに利用できるカードですが、こちらも2%還元がちゃんとされるのでお得に買物ができます。

注意
届いたリアルカード有効化すると、
Kyash内のバーチャルカードがリアルカードに切り替わります。

その際に、Amazonなどに登録していたカード番号を変更する必要があるので、注意して下さい。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ポイントを簡単にまとめると。

  • 楽天カード+kyashリアルカードで3%還元
  • 月上限、12万円まで利用可能
  • 楽天payに紐づけると3.5%還元も可能

普通に買い物をする際に、kyashリアルカードで決済することで、3%のポイントが積み上がっていきます。

月に10万円使う方ですと3000円分が溜まるので、1年では3万6千円ほどのキャッシュバックを貯めることできます。無理して節約せずとも、知らず知らずのうちに支出を減らすことができるのでおすすめです。ぜひ確認してみてください!

Sponsored Links

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です